<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 17日

2007 Skating Festival

第8回 新潟フィギュアクラブ 発表会                         
日時/2007年5月19日(土)
場所/リージョンプラザ上越
開演/18:45 
主催/新潟フィギュアクラブ
協力/新潟FC父母の会
後援/新潟県スケート連盟・上越市教育委員会


発表会プログラムより抜粋
 本日はご多忙中にもかかわらずご来場いただきまして、心より御礼申し上げます。おかげさまをもちまして、今回、第8回新潟フィギュアクラブ発表会を開催することが出来ました。
 上越に会場を移してから今年で3回目の開催となります。私達は4年前に新潟市内のホームリンクを失ってから週末は柏崎や上越での氷上練習、平日はトレーニングやバレエで補い、シーズンOFFは他県へ合宿遠征・・・と厳しい環境下で活動しています。
近年のフィギュアスケート界は日本の若手選手が頭角をあらわし、世界の檜舞台で輝かしい成績を残しています。その影響を受けフィギュアスケート人口は増える一方で、それとは正反対に閉鎖されるアイスリンクは増え、選手やフィギュア愛好者達への環境は全国的に見ても決して整っている状況ではありません。
しかし、そんなハンディキャップなどをものともせず、スケートを愛する“光”を絶やすことなく頑張っています。夢と希望に満ち溢れたさまざまな思いを胸に参加者一同1年間の締めくくりとして精一杯演技いたしますので、温かいご声援をお願いいたします。
また、今回はゲストスケーターとして石川翔子さん(日本スケート連盟強化選手 日本橋女学館)、本田瑞希さん(新潟フフィギュアクラブOB 東洋大学)、新海史子さん(新潟フィギュアクラブOG東北学院大学)に出演していただくことになりました。ぜひこの機会にトップスケーターの可憐な演技と、スケートを愛する出演者たちによる氷上の舞台を、ごゆっくりお楽しみください。
 最後に、この発表会の開催にあたり、ご支援ご協力下さいましたすべての皆様に、心より御礼申し上げます。

新潟フィギュアクラブ 代表
日本フィギュアスケーティングインストラクター協会所属
松澤 光代

[PR]

by goldsealgoldseal | 2007-05-17 18:18 | スケート
2007年 05月 02日

ふと思うこと

フィギュアスケートの才能ってなんだろうと時々考えるのですが…。

 1.身体能力
 2.精神力
 3.経済力
 4.運
 5.継続力

大きく分けてこの5つがあると思います。

1.身体能力
 これもまた細かく分けると3つ程度に分けられるのでは?
  a.筋力(ハイパワー、ミドルパワー、ローパワー)…一般的な基礎体力
  b.バランス力…慣性モーメントの低い回転軸を維持し高速回転できる能力
  c.柔らかい筋肉・関節…怪我をしない、ディフィカルトポジションをとれる体


2.精神力
 痛みや怪我の恐怖に打ち勝つ精神力
 高度な技術習得へのモチベーション維持
 その他スケートの邪魔となる様々な誘惑に打ち勝つ精神力


3.経済力
 なにぶんお金のかかるスポーツですので…


4.運
 年中滑ることができるリンクの近くに生まれる運
 スケートにいい時期に出会う運
 スケートを継続できる経済力を持った親を持つ運
 良い時期に良い先生にめぐり合う運


5.継続力
 最後の最後はこれですね
   とにかく何があっても滑り続けること



普通の人が考えるスポーツの『才能』は1の『身体能力』、これを真っ先に
想像するかと思います。でも、世界チャンピオンまで行くのでなく、ちょっと
素敵なフィギュアスケーターになるために必要な『才能』は、上記の数字の
大きいほう…つまり、…の順番なのではないかなぁと思います。

の才能を持った選手の中で、の条件(才能?)を満たし、その中で
を持った人が世界のトップまで行けるのかなぁと…。

みなさんはどう思いますか?


追記…

現在のルールで5コンポーネンツを考えると、その他の才能も考慮
しなくてはなりませんね。音感が悪いよりは良いほうがいいですし、
スタイルももちろん良いほうがいいのでしょうが、一時代を築いたエルビス
などは、決してそれらの才能?に秀でていたわけではないですが、
チャンピオンになっているわけですから、絶対必要なものでもないのかも
しれないのかなと、私は思います。

個人的にはエルビスよりもカートやジェフのスケートのほうが好きですけどね。
カナダ贔屓だという突っ込みが来そうですね…。
[PR]

by goldsealgoldseal | 2007-05-02 15:59 | スケート