2007年 07月 02日

忘れた頃にCOI

「去年仙台でやったときは静香ちゃんのスケート教室あったじゃん
 新潟でもスケート教室できるようになんないの?」
という某フィギュアクラブの先生に言われまして、
飯の種の本業のほうが結構忙しい時期にもかかわらず
ちょっと頑張っちゃいまして、静香ちゃんスケート教室は
無理でしたが、リハーサル見学会を行いました。

振り出しは、日○スケート連盟から…、
「ショーをするリンクで滑りたいんですか? 結構お金が
 かかると思うんですが、県スケート連盟で払えるんですか?」

そんなやり取りの中で、何とか主管する会社の連絡先を聞き
そちらの社長さんとお話をし、
「スケート教室は、ギャラも必要になるでしょうし…。」
みたいなことで一時話は頓挫し、その後担当の方から、
「リハーサルの様子を見学していただくことなら何とか。
 でもそれには現地(新潟)のN○Tさんに聞いていただかないと…。」

ここまできたらどこにでもお願いに行きますよ!!ってな感じで、
NS○のTさんと調整を計り、新潟県スケート連盟登録選手
COIリハーサル見学会が実現しました。

でもこれが平日(金曜日)の昼間だったんですよね…。
世界レベルの選手・プロが集まることなんて滅多に無いので
是非、県○育協会から、お墨付きの派遣依頼文書を
選手の学校に出してもらえないかと交渉したのですが…
「たとえばプロ野球が来て、それを見に行くのを
 県体○協会が派遣依頼はできないでしょう。」

とのこと。
いやいや、行かせたらいいんじゃないですか?
それをきっかけに、第2のイチローや野茂が新潟から出るかも
しれないわけだし、変な総合学習の授業よりもプロ野球生で
子供達に見せたほうが何倍も良いと思うのですが…。
まぁ、そんな屁理屈を言って、県体○協会の方々を困らせても
しょうがないので、県連の会長のお願いの文書を選手の
学校長宛に出して、まぁ自主欠席ということで集まってもらいました。

このイベントを成功させようと動いてくださった皆様のおかげで、
新潟のちびっ子選手達に、生のアイスショーを見せてあげることが
できました。いやぁ、よかったよかった。

でも、本当に大興奮だったのは、子供達ではなく
一緒についてきたお母様方のほうだったかも。
特にグエンダル・ペイザラさんの投げキッスに…。
[PR]

by goldsealgoldseal | 2007-07-02 20:21 | スケート


<< お弁当      さて、どこにいるでしょう… >>