た る の ひ と り ご と

talu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 26日

フィギュアスケートクラブ経営

さて、私は連盟のお手伝いもしているのですが…。
今シーズン、県内のあるクラブから、連盟登録無しという連絡が来ました。

「そんなわけないやろう、チッチキチー!!

ということで、連盟から再度クラブへ確認したところ、そのクラブの責任者である
インストラクターのお子さん2名のみ、追加登録してくださいとのこと…。

一生懸命頑張ってトップ選手を目指している子達が何人も居たはずなのに???

不安に思い、昨年度のスケート連盟登録のある選手個々に、貴クラブの登録は
このようになってますよということを伝える文書を送付したところ、
次のような電話がかかってきました。

   ・所属クラブの責任者兼インストラクターと連絡が取れない
   ・登録等についてもそのようなことになっているとは思わなかった
   ・可能であるならば、他のクラブに移籍したい

とのこと…。さてさて、困ったことになりました。


連盟としては、普及・育成活動等、裏方として支えていくことはできますが
個々のスケートクラブの運営まで事細かに口出しすることはできません。
インストラクターの方の手に余るならば、保護者の方がしっかり監督して
適正なクラブ経営ができるようにしてくださいと、連盟としては言うしかありません。

しっかりとした経営理念を持って、選手育成をしているクラブがほとんどですが
そうでもないクラブもあります。荒川静香さんがオリンピックで金メダルを取り
全国的にものすごいフィギュアスケートブームになっているようですが、
保護者の皆さん、お子さんの為を思うならクラブ選びは慎重に慎重を重ねて
後悔のないスケート人生が送れるようにサポートしてあげてください。
ご自分で滑られるシニアスケーターの方。是非ともクラブ員全員が幸せに
スケートができる環境づくりに積極的に取り組んでください。



その後…

2名の選手がクラブを移籍され、トップ選手の何人かは
リンクで見かけることが無くなってしまいました。とても残念です…。

しかし、残った選手と新規登録の方の追加登録申請が連盟に届き、
そのクラブはシーズンインと共にリスタートしたようです。

連盟としては、たくさんのスケーターがそれぞれの目標に向かって
一生懸命努力され、素晴らしい選手や素敵なスケーターになって欲しい。
その選手やスケーターと、その方たちが所属するスケートクラブを
さまざまな形でバックアップしていきたいと考えています。

スケートを愛する皆様の、幸せなスケート生活を切に望みます。

たる

[PR]

by goldsealgoldseal | 2006-08-26 13:28 | スケート


<< 貴餅      妻の戯言… >>