た る の ひ と り ご と

talu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 01日

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所

ニッカウヰスキー仙台工場、宮城峡蒸留所を見学してきました。
大学の同期の西田氏の影響でモルト好きではあったのですが、
ウイスキー工場を見学するのは初めてでした。


f0044927_175748.jpg

最初に見学したのは上のようなトンガリ屋根のキルン塔です。
キルン塔では、ピートを燃やして麦芽を乾燥させる工程を行います。


f0044927_1757480.jpg

ピートとは、ヨシ、スゲなどの水辺植物が堆積し炭化したもので、
この乾燥のときに『ピート香』というウイスキー独特の香りが付きます。
ニッカウヰスキーのピートは北海道で取れたものだそうです。
世界中ウイスキーが違うのはその土地で取れるピートが違うから
という部分が大きいそうです。
解説しているお姉さんが持っているのがピートです。


f0044927_1757413.jpg

これが粉砕した麦芽に温水を加え、麦芽に含まれる酵素を働かせ
でんぷんを甘い麦汁に変える工程を行っているマッシュタンです。


f0044927_1757482.jpg

これらの醗酵工程を関し制御しているのがこの部屋です。


f0044927_1757458.jpg

マッシュタンでできた麦汁に酵母を加え、糖をアルコールに
するのがこの醗酵槽です。


f0044927_1757478.jpg

出来上がったアルコールは言ってしまえばビールのようなものです。
このビールのようなものを上のような『ポットスチル』という蒸留釜で
蒸留を行います。宮城峡蒸留所では、バルジ型という途中に膨らみが
あるタイプのポットスチルで、すっきりとしたソフトな原酒ができるそうです。


f0044927_1757492.jpg

上の写真はかつて使われていたストレート型のポットスチルです。
大きさは違いますが、函館の余市蒸留所で使われているのもこの
ストレート型で、力強い男性的な原酒が取り出せるそうです。


f0044927_1757453.jpg

蒸留したては無色透明な原酒ですが、樽詰めしてじっくりと熟成され
天使の分け前と引き換えに、琥珀色のウイスキーへと変化します。


f0044927_22111744.jpg

たくさん試飲して楽しいひと時を過ごしましたが、そこで買ってきたのは
ここでしか買えない上のシングルカスクです。

ピュアモルトウイスキーが複数の蒸留所のモルトを混和してできたもの、
シングルモルトウイスキーが一つの蒸留所のモルトだけを使ったものだとすると、
このシングルカスクウイスキーは、一つの樽=シングルカスクで熟成された
原酒のみで作られたモルトウイスキーなのです。

さすがに凄い厚みのある芳醇な香りです♪

今度は函館の余市や京都の山崎の蒸留所に行ってみたいですね!!
[PR]

by goldsealgoldseal | 2010-08-01 17:57 | 日記・雑記


<< 今日はゴルフです      楽天イーグルス >>