た る の ひ と り ご と

talu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 20日

男子シングル・フリー

大輔くん、素晴らしい演技でしたね!!
4回転がダウングレード転倒になって、約8点の減点…
それを足してもライサチェクに要素点で負けてるってことは
他のジャンプでもダウングレード等があったんですかね?

演技構成点はトップでしたが、あんな微々たる差じゃなく
他の選手を圧倒する素晴らしい表現力とステップでした。

優勝したライサチェクはノーミスでまとめましたが、
歴代のオリンピックチャンピオンがもっていた王者の風格…
そういったものは薄いですよね。むしろプルシェンコに
今回は鳥肌ものでした!!あのトリプルアクセルは、
100人飛んだら98人は転びます。あれを着地できるのは
プルシェンコと田中総司くん※だけでしょう♪(^皿^)
演技構成やスピンなどではちょっと時代のトレンドからは
一寸ずれている点は否めませんが、それを補って余りある
スーパージャンプサイボーグですねプルシェンコは。

4回転を飛べないオリンピックチャンピオンが生まれる今の
男子シングルは、男子シングルじゃなく男子アイスダンスに
競技名を変えたほうが良いと言っているようですね、プルは。
今回のプルシェンコとライサチェクの得点を比較すると、
トリプルアクセルや、4回転の基礎点をもっと上げたほうが
採点バランスが良くなるように、私も感じた大会でした。


さて、その他の日本人選手ですが…。

エッジが折れるのは不可抗力としても、紐は本人の不注意
以外のなにものでもありません、厳しい言い方かもしれませんが。
その後のインタビュー等を聞くと、切れそうだとわかっていても
直前に紐を変える決断ができなかったんでしょうね…。
オリンピックのオリンピックたる所以ですね。

小塚くんにとって今回のオリンピックはソチのための練習
ですから、そういった意味であのクワドはすばらしいでした♪
これが勝ちに行く試合だったならば、信成くんの選択が
正解だったのかもしれません。現行ルールでは…。

2人とも(大輔くんもかな?)次のオリンピックですね♪


さあ、次は女子です!!
明子ちゃん美姫ちゃん真央ちゃん、がんばれ〜(≧▼≦)



※ここに来てくださる方々は田中総司くんはご存知ですよね♪
 プリンスアイスワールドで活躍するプロスケーターですが、
 引退後も4回転を軽々と成功させる凄いスケーターです。
 『総司降り』という言葉ができたぐらい、とんでもなく軸の傾いた
 ジャンプを力技で着氷する技術に関しては世界一では?!

[PR]

by goldsealgoldseal | 2010-02-20 06:04 | スケート


<< 真央ちゃんスゴイ!!      大輔くん銅メダルおめでとう!! >>