2010年 01月 23日

【映画】今度は愛妻家

多少『ネタバレ』もあります。これからこの映画を見る
予定の方は先入観なく見てほしいので、この先は映画の後で。























妻がどうしてもこの映画を見たいというので、私的には
絵本でも大好きな『かいじゅうたちのいるところ』の方が
興味があったのですが、今週は妻のバースデーウィーク…、
妻の希望通り『今度は愛妻家』を見ることにしました。

最初はコメディ?って感じて話が進んでいきます。
豊悦の素敵なまでのダメ夫具合と薬師丸の愛らしさで
ほのぼのとした感じで話しは展開していくのですが
ちょっとずつ見え隠れする『違和感=伏線』が…。

それが繋がったのが、さくら(薬師丸)の頬に手を
添えながら、北見(豊悦)が庭先で撮ったはずの写真。
その写真を北見が一人暗室で現像をしたとき…。

あっ、そうか…、そうだったんだ…、そうだよね…。

これを見ると、世の旦那さんたちが奥さんに対し
ちょっと優しくなるというのが良くわかります。

その後、妻と大激論したのですが、薬師丸ひろ子の
可愛らしくでも複雑で切ない表情、あれが全てかなと。

各役者がそれぞれハマリ役で素晴らしいですが、
中でも薬師丸ひろ子の『さくら』は、もう他の人では
考えられないぐらいの本当に素敵な演技でした。

妻の話ではもともと演劇としての作品なのだそうで…、
これは是非、舞台でも見てみたいと思いました。
当然、薬師丸ひろ子で♪

ともかく皆さんもまずは映画館で見てみてください。

結婚10年ぐらい、子供なしの夫婦におもいっきり
”ツボ”だと思いますよ♪
[PR]

by goldsealgoldseal | 2010-01-23 11:57 | 日記・雑記


<< ハッピーバースデー♪      幸裕くんおめでとう!!でも残念… >>